人気ブログランキング |

<   2010年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

パブリックコース


 日本語ユーリズミークラスのお知らせ。
(アドルトパブリックコース)

 2月5日(金)

 夜7時半より8時45分
 
 場所 ユーリズミースクール
    NY スプリングバレー

 風のエレメントを含む音を探す。
 谷川俊太郎の『みみをすます』
 シュタイナーのソウルカレンダー
 ユーリズミーの瞑想。

 コンタクトは下記へお願い致します。
  
 takae17a@gmail.com

  

by soulcalendar | 2010-01-27 11:24 | Eurythmy  

42 The Forty Second Week


第 四十二 週 

深く重く透き通るこの冬空の下

心の隙間から生じる熱を感じる。

それは奇特な迫力を持って

暗闇を導いてくれる

佳き思いの期待

熱を伝わる感覚による啓示



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

佳き時間を皆様お過ごしください。
目に見える良い出来事とは限らない
佳い時間。

by soulcalendar | 2010-01-25 11:47 | Weekly Verse  

ひらいたひらいた


 たまたま、、YouTube で 私の好きな UAの歌を聴いていると、、、

 どんどん彼女の歌が出てくるのですが、、、、

 童謡の『ひらいたひらいた』に改めて出会いました。

 これこそ Contraction & Expansion !

 Hi ra i ta。Aの開く動きを中心に息が吹き込まれる。

Tsu bo n da。 Bの文字通りつぼんだ動きに包まれていく。

 音もちゃんと意味に添っている。

 

by soulcalendar | 2010-01-23 11:06 | Word and World  

Evening Meditation


Clear rays of light -

Spirit of the World, reveal to me!

Pure warmth of Love -

Soul of the World, impart to me!

Nearness to God

Be in my Heart,

Be in my Spirit.

(Inner silence)


by RUDOLF STEINER
Translated by GEORGE and MARY ADAMS

by soulcalendar | 2010-01-21 12:08 | Word and World  

41 Forty-First Week


第 四十一 週 (イースターから数えて) 



真情による創意

深く強く。

燃え立つ

人としての

本来の姿は

慈しみと

また人として働く中にこそ

創られる。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このバーズ、今日本で上映されている
松下監督の『パチャママの贈り物』
にも通じる。
人に見せる為でも、聞かせる為でもない

ただ天を仰ぎ、
ただ日々地に
生きる。

英語だと子音の L    Life Living

日本語だと   イ    ジンセイ。 イキル。

大阪は第七芸術劇場。
京都は京都シネマ。
其の後浜松、名古屋、沖縄等で
公開です。

ttp://www.pachamama-movie.com/

by soulcalendar | 2010-01-18 03:39 | Weekly Verse  

背中で呼吸


 緊張すると

 呼吸が止まるような、、、。

 基本程忘れているものです。

 学校を卒業してから

 叶わなかったグループで動く事。

 自分を失わず、でもみんなと一つになる。

 Anneliesという才能のある先生に

 触れられるこのチャンスを私は何処まで

 活かせるのでしょう。

 自分の未熟さが痛い程解る。

 

by soulcalendar | 2010-01-17 13:29 | Word and World  

風にふかれて


 振り返ると

 今週は

 アンデスの風に吹かれて

 バーモントの風に吹かれて

 カリフォルニアの風に吹かれて

 すべて人が運んでくれました。

 ふと

 我を忘れ

 我に帰る。
 

by soulcalendar | 2010-01-16 14:19 | Word and World  

The Blessed Virgin Compared to the Air we


Breath

Wild air, world-mothering air
Nestling me everywhere
That catch eyelash or hair

で始まる Hopkinsの詩です。
久々に取り組む英語の詩に
大きな距離感を感じながら
向き合って行こうと思っています。

この行末に踏まれている韻が余韻を残す。
日本語は初めの音が余韻を残す?

と勝手な仮説を立ててみました。

by soulcalendar | 2010-01-12 11:45 | Word and World  

40.The Fortieth Week (Week of January 10)

第 四 十 週 目

そして心の奥深くに生きる時

そしてその礎と共に歩むとき

慈しみの世界からの細流を感じる

虚空な惑いを充たす

幽玄なる天地の言葉



b0126781_2371889.jpg


魂の暦、、というように soul や  spirit や  cosmic
と言う言葉が沢山出てくるのですがこれは日本語で
魂、霊または精神、宇宙、、、
このまま使いたくないひねくれた私は
いつも試行錯誤しております。
この中で 宇宙 広辞苑をひも解くと

宇は天を這うもの
宙は地を這うもの
即ち天地の事。

と言う節もあるとか
漢字もそのような成り立ちをしているではないですか。

もう皆様周知の事かもしれませんが私は改めて発見して非常に喜んでおります。
 

by soulcalendar | 2010-01-11 02:42 | Weekly Verse  

曲線


 Anneliesというスピーチユーリズミーの先生がいます。
 ビタースイートと言う印象の女性ですが
 真実を求める真摯な姿勢と生き方や

 また、ユーリズミーのフォームや音の取り方(振り付け?)
 は天才と言っても良いでしょう。

 私は縁があって彼女の家に1年お部屋を借りて住んでいた事がありましたが
 家のどんな隅にも彼女の 意識 が行き渡っていて
 それでいて ほっ とする空間をつくりあげています。

 彼女の授業を受けたのはもう5年以上も前の事。
 あの緊張が蘇りながらまたちがう緊張もあります。

 今日は直線と曲線、母音と子音
 Feeling, Thinking and willing
 この3つのゾーンの使い分け
 などなど 基本を今一度しっかり振り返るような2時間

 其の中の曲線の捉え方でカーブを動く時の意識が全くかわります。
 一歩一歩と変化して行く光の角度を想像してみてください。
 
 お能であの静かで重厚な一歩が情景を一瞬一瞬かえるのと
 同じです。
 
 と、書くのは二行ですが表現するのは難しく
 それがまた魅力でもあります。

 

 
b0126781_951999.jpg

by soulcalendar | 2010-01-10 09:53 | Eurythmy