The Thirty-Sixth Week

第三十六週目


身体を突き抜けて、

言葉がきこえる。

その声は空の彼方へ戻り

羽根を広げて飛び立つ光。

私は、

私のためのわたしではない。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


パンドラの箱の解釈は様々だが

ふと、全ての楽しいと思っていた事が

空洞で、意味の無いうわべの喜び、と感じる

そんな体験は誰にもあると思う。

思う?

こういう時は 何か行動を起こさなければ

いけないと私は過去の経験から知っている。

今、大事な事は、今大事にしなければいけない。

時に、ユーリズミーが開けてはいけない

パンドラの箱を開ける事は

多々 ある。
[PR]

by soulcalendar | 2010-12-05 08:00 | Weekly Verse  

<< そのかみのかぜ カタカナの練習 >>