THE THIRTY-FIRST WEEK

第三十一週目

心の思いは
光と成って
世界を駆け巡る
遠く悩む姉妹へと、
一人立ちつくす兄弟から、

人の日々の実り
私もただ一人立ち尽くす。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本から来られた舞踏の方に
紹介されるとき
気の利いた私の友達は
『私のオイリュトミーの先生』
と言ってくれる
心の中で え!そんな言葉しってたん?と思う。
日本では笠井叡さんがドイツで勉強されたオリュトミー
と言った方が解るというのをその子は知っていた。
でも、私はオイリュトミーと言われるとピンと来ない。
Eurythmy もしくは Eurhythmy
英語読みでユーリズミーというものと私はアメリカで出会っているので
いたしかたない。
きっと私は日本ではユーリズミィストとして
一人淋しく生きていくのかもしれない。(笑)
でも呼び方は実は大きな問題でない事も確かで
以前老人ホームで教えさせてもらって居た時は『Eurythmy Exercise』
とでもプログラムに書いてください、、、というか勝手にそうなっていた。
シュタイナー学校や関連する機関以外でばかり活動する私には
呼び方にこだわっては居られない時がある。
私の尊敬する大先生達はみな懐が大きく
私のような出来の悪い異端児を大きく見守ってくれている。
日本のオイリュトミー事情には詳しくないが
私はきっと独自の繋がりを作っていくような気がする。
子供の頃からのやんちゃな性格は一生直らない。
良いユーリズミィストでいるより
ただ自分で居れば良いのだと思う。

この日曜日はランターンウォ―クの1シーンでテーマはかぐや姫。
蝋燭の灯りの森の中、私は月の使者、、、かぐや姫の動きも考えながら、
2時間連続で不思議な空気を作り続けるのですが、
舞踏のお友達に話す時は『え〜〜と、ストリートパフォーマンス。』
白塗りしていきなりブルックリンのガレージに出現する彼女達のパフォーマンスと
思ったのか、ちょっとビックリされた。
でも、同じようなもんです。
[PR]

by soulcalendar | 2010-10-30 11:19 | Weekly Verse  

<< 結界 The Thirtieth Week >>