越天楽


 長唄、常磐津、ウタザワ、等等 そして越天楽は雅楽ですが、 

 不思議なブレのある日本の音階。

 越天楽のメロディーを練習していて

 その奥に有る和旋律の不思議な世界に引き込まれていく

 昔、長唄を勉強していたすごく若い頃の記憶が蘇って
 
 懐かしさも親近感も覚える。

 考えると日本の古典音楽の音を動くのは始めて。

 言葉だけでなく、音も日本のものの方が

 身から染み出てくるのか、、、と

 ややショック。

 

 
[PR]

by soulcalendar | 2010-02-27 11:12 | Eurythmy  

<< U The Forty Sixth... >>