曲線


 Anneliesというスピーチユーリズミーの先生がいます。
 ビタースイートと言う印象の女性ですが
 真実を求める真摯な姿勢と生き方や

 また、ユーリズミーのフォームや音の取り方(振り付け?)
 は天才と言っても良いでしょう。

 私は縁があって彼女の家に1年お部屋を借りて住んでいた事がありましたが
 家のどんな隅にも彼女の 意識 が行き渡っていて
 それでいて ほっ とする空間をつくりあげています。

 彼女の授業を受けたのはもう5年以上も前の事。
 あの緊張が蘇りながらまたちがう緊張もあります。

 今日は直線と曲線、母音と子音
 Feeling, Thinking and willing
 この3つのゾーンの使い分け
 などなど 基本を今一度しっかり振り返るような2時間

 其の中の曲線の捉え方でカーブを動く時の意識が全くかわります。
 一歩一歩と変化して行く光の角度を想像してみてください。
 
 お能であの静かで重厚な一歩が情景を一瞬一瞬かえるのと
 同じです。
 
 と、書くのは二行ですが表現するのは難しく
 それがまた魅力でもあります。

 

 
b0126781_951999.jpg

[PR]

by soulcalendar | 2010-01-10 09:53 | Eurythmy  

<< 40.The Fortieth... 色 >>