冬の花


 夏咲くはずのベゴニアが夏は咲かず、

 なのに、

 我が家の西の窓で秋以降ずっと咲いています。

 彼女にとってはいまの気候ぐらいで

 やっと咲いて上げてもいいよ!

 という訳なのかどうなのか、

 意外な時に咲いてくれると

 とても嬉しいものです。

 意外な所で人から連絡を頂いたり、

 出会ったり。

 アドベントなのに蜜蝋のキャンドルを
 
 買いに行く時間もなく人と会っている感じです。

 出会いは多くの光を与えてくれます。

 深謝          
 
 

 
[PR]

by soulcalendar | 2009-12-18 10:39 | Word and World  

<< 冬の錦市場 ユーリズミーは意志 >>